起床後はまず白湯を飲む

私が継続している健康法は,起床後に白湯を飲むことです。胃腸の調子が良くなくて何とかしたいと思い,白湯を飲み始めました。白湯には,内臓を温める働きがあります。胃腸も温められるので,胃腸の働きを活発にして消化を促進する効果があります。内臓が温められると,血液の巡りも良くなります。内臓温度が1度上がると,基礎代謝は10~12%程度上がると言われていますので,脂肪の燃焼が促進され痩せやすい体になることができます。血液の巡りとともにリンパの巡りも良くなるので,体内の余計な水分や老廃物が排出され,むくみ解消や便秘解消に効果があります。体の調子を整えるだけでなく,ダイエット効果もあるのがうれしいです。

 朝は忙しいですが,白湯を作るだけならそんなに時間もかかりません。水道水やミネラルウォーターを電子レンジに入れて温めるだけです。ひと肌より少し温かいくらいがちょうど良いので,50秒~1分程度温めると良いです。一気に飲むのではなく,朝食を作りながらなど作業しながらゆっくり飲むと効果的です。一気に飲むと,胃がびっくりしてしまいます。200mLくらいの量の白湯を10分くらいかけて飲みます。

 白湯は体の調子を整える働きがありますが,飲み過ぎるとむくみの原因になってしまいます。また,起床後飲むのを忘れてしまったからといって食後すぐに飲むのはやめてください。胃液が薄まって,消化が遅れてしまうことがあります。食後30分くらいたってから飲むのがおすすめです。白湯で体の中から健康になってみませんか。