バストアップに効果があることは

バストは、9割が脂肪でできており、残りの1割は乳腺でできています。
太っている人のバストが大きいのは、脂肪が多いからであり、痩せていてもバストが大きい人は乳腺が発達しているからです。
乳腺は、思春期になるとホルモンの関係で大きくなり、妊娠や出産でもホルモンの働きで大きくなります。

しかし、睡眠不足やストレスなどがたまっていると、うまくホルモンが分泌されないために、乳腺が発達せずにバストアップしないことがあります。
バストアップさせるためには、乳腺を発達させることと、脂肪をつけることが大切です。
まず、乳腺の発達に効果があることは、マッサージをすることです。左右のバストのあいだには「てんちゅう」とよばれるつぼがあり、ここをマッサージすることで、女性ホルモンや成長ホルモンの発達をうながすことができます。

また、デコルテ部分やわきの下にはリンパ節とよばれる、リンパ液がたまるところがあるので、ここをマッサージすることでも、ホルモンの分泌をよくすることができます。
つぎに効果があるバストアップの方法は、バストのまわりについた脂肪をバストにもってくる方法です。バストはやわらかい脂肪でできているので、重力にしたがって、たれたり広がったりします。そのため、おなかまわり、二の腕、せなかにまわった脂肪をバストにかきあつめるようにマッサージをすることで、次第にバストに脂肪をもってくることができます。ふだんの生活で、自分のバストにあったブラジャーを身に着けることも大切です。専門店などで測ってもらえば、1カップほどアップすることがあります。

また、サプリでもバストアップを期待することができます。プエラリアなど、女性ホルモンに似た働きをする成分がはいっているサプリメントを摂取することで、乳腺を発達させてバストを大きくさせることができます。しかし、これらは摂取している間には効果がありますが、やめてしまうと、元に戻ってしまうことがあります。